Assetment Neoができること

Assetment Neoは以下のような様々な資産の管理業務に活用できます。

複数の業務に対応しているソフト

「総務の什器・備品の管理」の詳細はこちら 「バーコード棚卸で作業の効率化」の詳細はこちら 「ME機器の移動・貸出管理」の詳細はこちら 「デモ機などの社外貸出管理」の詳細はこちら 「パソコンの現物管理」の詳細はこちら 「サーバー情報の一元管理」の詳細はこちら 「固定資産の実査」の詳細はこちら 「リース資産の費用管理や再契約管理」の詳細はこちら

Assetment Neoは様々な業務に対応した専門的な機能が集まった「クラウド型社内資産管理ソフト」です。
「固定資産の実査」や「デモ機の貸出管理」「リース品の費用管理」など、その業務に特化した管理機能が充実しています。社内資産の「台帳管理」機能が各機能のベースとなり、資産マスタを統一的に一元管理します。Assetment Neoで複数の管理業務を行うと、ベースが同じであるため二重管理の必要がなくなり、より大きな導入効果を発揮します。もちろん、各業務に特化した専用機能があるので、1つの業務でのご利用でも十分効果を実感いただけます。Assetment Neoは、複数の機能の中からお客様に必要な機能をチョイスし、組み合わせてお使いいただくことで、適正な機能を適正な価格でご利用いただけます。