パソコンの現物管理クラウド型社内資管理ソフト

利用中のパソコンが何台あるか、正確に把握できていますか?

セキュリティが問題となっている今、貴社では「何台」のパソコンが「どこで」「誰に」使われているか、把握できていますか?
派遣スタッフの頻繁な出入りや、部署間での勝手な貸し借りがあれば、もはや把握は困難です。また、正確な部門経費も算出できません。

利用中のパソコンが何台あるか、正確に把握できていますか?

これらの問題に対応するには、パソコンの現物管理が必要不可欠です。Assetment Neoでは、パソコンの購入から利用、廃棄におけるまで、ライフサイクルに合わせて管理を行います。

矢印

パソコンの現物をライフサイクルで管理します!

購入時

購入時

購入した資産の情報をAssetment Neoに登録。パソコン管理に必要な管理項目がバーコードやRFIDを貼付して納品・出庫処理を行ったり、保守契約の期限や費用を管理することもできます。

パソコンの発注時
・未納品一覧
・納品処理(バーコード対応)
・キッティング未対応一覧
・在庫一覧(遊休資産)
現場への出荷時(移動)
・出荷予定一覧
・出庫処理(バーコード対応)
・保守契約の期限管理

利用者管理

利用者管理

パソコン貸出時や利用者変更時は、ワークフローから稟議申請。棚卸前には、各社員が自分の使っている資産をWEBで報告。今「どこで」「誰に」使われているか、そして過去の履歴も一覧で見ることができるので、利用者を把握しきれず物の所在が分からなくなる、といった問題を解決できます。

  • ・現場からの移動・貸出申請
  • ・承認処理(利用部門の変更)
  • ・パソコンの移動履歴
  • ・貸出履歴や返却の期限管理
  • ・利用者からの利用申請報告

利用者管理イメージ

パソコン利用料の管理

パソコン利用料の管理

部門ごとに毎月のパソコン利用料を算出。過去から未来まで費用の把握ができ、予算策定などにも活用できます。

  • ・部門別費用配賦
  • ・パソコン移動時(利用部門変更)に費用を自動付け替え
  • ・廃棄時は残費用データを一括計上、または未来費用データ一括削除
  • ・利用部門毎の費用集計
  • ・費用データのCSV出力(他システム連携も可)
  • ・利用ソフトと結びつけた管理も可能

バーコード棚卸

バーコード棚卸

現物確認は複数の方法をサポート。お客様の運用にあった方法で棚卸が行えます。

  • ・バーコード棚卸に対応
  • ・紙でのリスト棚卸も可
  • ・棚卸の進捗情報一覧
  • ・棚卸結果の差異一覧
  • ・不明資産報告書
  • ・スマホ用棚卸アプリ(Android, iOS 対応)

バーコード棚卸イメージ

IT資産管理ソフト連携

IT資産管理ソフトと連携することで、使っていないパソコンや、IT資産管理ソフトが有効になっていないパソコンを見つけ出すことができます。また、インベントリ情報の更新時間をもとに「みなし棚卸」を行うこともできるので、棚卸作業を大幅に削減できます。

○対応製品

  • ハンモック
  • AssetView
  • エムオーテックス
  • LanScope Cat
  • Sky
  • SKEYSEA
  • クオリティソフト
  • QND Advance/Standard
  • ディー・オー・エス
  • System Support best1
  • インターコム
  • MaLion

IT資産管理ソフト連携イメージ

廃棄

廃棄

資産購入時の申請や登録はできているけれど、廃棄までは管理しておらず、台帳記載の資産は増えていくばかり…。
そんな事態を防ぐため、Assetment Neoは廃棄業務に関する専用機能を搭載。もちろん、廃棄情報も複数の台帳に自動反映されます。

  • ・廃棄申請/承認処理
  • ・廃棄処理(バーコード対応)
  • ・マニフェストの期限管理

矢印

必要な機能を組み合わせてご利用いただけます!

Base機能 棚卸 利用者
報告
ラベル
印刷
リース
レンタル
貸出
管理
構成
管理
保守
契約
修理
点検
スマホ
月額
図面 IT資産
連携
ワーク
フロー
価格例
資産
情報
組織
変更
廃棄
対象

月額
82,200円~

(資産数3,000)

※資産数とオプションに
よって金額は変わります

Assetment Neoは、資産の台帳管理として必須の「Base機能」のほか、様々なオプション機能と組み合わせてご利用いただく製品です。パソコンの現物管理の場合は、パソコンを登録したり管理項目を定義する「Base機能」に、「棚卸」や「利用者管理」など、用途にあわせて様々なオプションを付けて利用します。バーコードで管理を行う場合には、バーコードラベルの印刷や管理を行う「ラベル印刷」オプションを追加することをおすすめします。またIT資産管理ソフトと連携する場合は「IT資産管理」オプションが必要です。

矢印

様々な企業様にご利用いただいています!

ネットワーク事業

株式会社トヨタデジタルクルーズ

PCの入出庫管理

詳細はこちら

【その他事例】

  • 認証サービス事業サイバートラスト株式会社
  • 放送事業株式会社フジテレビジョン
  • 自動車部品販売他株式会社ホンダトレーディング
  • 自治体神奈川県庁