導入実績

株式会社トヨタデジタルクルーズ様

IT機器管理 情報通信

人の出入りに追いついていなかったPCの入出庫管理業務を改善。
わかりやすいシステムですぐに稼働開始できました。

株式会社トヨタデジタルクルーズ
情報システム部

Assetment Neoを導入されるに至った経緯をお聞かせください。

トヨタデジタルクルーズ様ビル
弊社はネットワークサービスを業務の中心としており、会社の規模に対してIT機器が多く、PCとモニター約2,000台を使用しています。さらにその中で年間約1,200件にのぼる入出庫があります。
そのほとんどはPCの新規入れ替え、そして派遣スタッフなどの出入りによるものです。

このPC管理を、以前はAccessで開発した台帳を使って行っていました。しかしその台帳の精度が低かったため、棚卸時にチェックしても必ず食い違いが発生していました。要するにPCと使用者のひも付けがきちんとできていなかったのです。
PCは1台も漏らさず管理する必要があり、そのための台帳と現物合わせに相当な時間を費やしていました。
そんな時にAssetment Neoの存在を展示会で知り、直接問い合わせをさせていただきました。

Assetment Neoを選定された要因と、導入後の効果をお聞かせください。

Accessによる管理で最大の弱点だったのは「履歴をたどる機能がない」ことでした。しかたなくExcelで履歴を記録する書類を作っていましたが、更新が滞ることがあるため、やはり食い違いが生じてしまいました。複数のスタッフが書類を扱うこともありますし、そもそも別の書類で管理することに無理がありました。

Assetment Neoには「データ変更履歴一覧」という機能があってこの弱点を解消してくれるなど、棚卸業務に特化したシステムであることが最大のポイントでした。
さらにいろいろと調べたりご提案を受けたりした結果、細かい部分でもアドバンテージや弊社のメリットがあることがわかってきました。資産数による課金形態が弊社にとってはコスト面で有利なこと、スマートフォンでバーコード読み取りができること、棚卸の進捗状況が追えることなど、かゆいところに手が届くサービスだと感じ、導入を決めました。

導入後の効果は、なんといっても登録業務が飛躍的に簡単に、そして正確に行えるようになったことです。また、いままで管理部門だけで行っていた入力作業が現場でできるようになりましたので、非常に効率が高まりました。

これらの効果は、コスト面にも反映されはじめています。年間1,200件の入出庫を前提に、Assetment Neoによる管理工数とこれまでのしくみによる工数を比較したところ、これまでの4分の1くらいまで人的コストを削減できそうなことがわかって喜んでいます。

アセットメント社の対応への感想や、今後期待することなどひとことお願いいたします。

サポート担当の方のレスポンスは非常によいと感じました。またわずか2週間で自力で設定でき、1ヶ月後には稼働開始できるほど、使い方がわかりやすかったことも高く評価しています。
機能面では一点だけ要望があり、自動採番のパターンを複数選べるように改善していただけるとうれしいですね。

ところで上席者にAssetment Neoの効果を説明したところ、「対象とすべき備品はパソコンに限らないよね」と力強い言葉が返ってきました。ですので、これからはもっといろいろな種類の資産や備品でAssetment Neoのお世話になるかもしれません。
私たちの部門としては、まだシステムが稼働し始めたばかりですので、もっといろいろな機能を使いこなして、より効率を高めていきたいですね。そのためのサポートを、今後も引き続きよろしくお願いします。
■本社所在地
〒460-0003 愛知県名古屋市中区錦一丁目8番11号 DNI錦ビルディング2F
■従業員数
596名(2016年1月1日現在)
■URL
http://www.d-cruise.co.jp/
■事業内容
ネットワークサービス事業等