機能・構成

機能紹介

1.資産情報(Base機能)

台帳管理をサポートする機能が満載!汎用性・拡張性が高いAssetment Neoの土台部分

Assetment Neoのベースとなる台帳の管理において、豊富な機能を実装し管理業務を強力にサポート。
新たにViewを作成したり、項目の定義を設定することができるなど、他社にはない汎用性の高さが特長です。
Assetment Neoの各機能はすべて資産マスタと関連づいているので、データの一貫性を保ち、業務を統一化することができます。

基本機能
  • 管理項目の定義は自由に設定可
  • メニューのカスタマイズ可
  • 汎用的な資産一覧を作成しメニューに追加(Viewの作成)
  • 資産の一括変更を定義しメニューに追加
  • 各種マスタ(部門・分類・ロケーションなど)
  • 汎用的な予備マスタの定義5個(顧客・商品マスタなど)
  • 写真や稟議書などのファイル取り込み
移動
  • 資産の倉庫間移動におけるバーコード管理に対応
  • 倉庫での利用を想定したスマホアプリ
    (アスタリスク「AsReader」に対応)
費用管理
  • 月別・部門別に費用管理(任意の項目で集計可)
  • リース・レンタルや保守契約、スマホ月額などの機能と連携可
期限管理
  • 期限満了にあわせメール通知(リース契約満了や貸出の返却予定日など)
  • メール通知は2回まで、文章は任意に設定
データ連携
  • 作成したViewはすべてCSV出力可
  • CSVファイルから汎用的に項目を割り当ててインポート
  • 自社内の基幹システムとのCSVによるデータ自動連携
  • 資産番号以外の番号をキーにしてインポート
  • 項目を連結してのインポートも可
権限設定
  • 利用者毎にロールを設定し、利用可能な機能や更新権限などを定義
  • 利用部門配下のデータ以外更新不可などの設定も可
IT統制対応
  • パスワードポリシーの定義
  • 各機能の利用履歴やデータ変更履歴は1年間保持、検索も可
  • SAML認証によるシングルサインオン

資産一覧

資産入力(更新)

ページトップへ

2.組織変更(Base機能)

大規模な組織変更にも対応!一括変更で部門管理の負担を軽減

資産に紐づける部門を管理するベース機能です。部門をAからBへ一括変更することができるので、1件1件更新する手間が省けます。
利用部門のほか、資産の管理部門やリース契約部門、貸出担当部門などの管理が行えます。

統廃合
  • 廃止部門の対象資産を一括で移動
分割
  • 部門の一部の資産を他部門へ一括移動
人事異動
  • 人と共に移動する資産(PCなど)は自動的に部門変更

廃止部門一括変更

ページトップへ

3.廃棄(Base機能)

廃棄の申請からマニフェストの期限管理までサポート

資産購入時に稟議申請は行っているものの、廃棄までは管理しておらず、台帳記載の資産は増えていくばかり…。
そんな事態を防ぐため、Assetment Neoは廃棄業務に関する専用機能を搭載。
廃棄申請から始まり、廃棄場所に資産を集める流れや、廃棄業者の管理(マニフェストの管理)まで対応しています。

申請書
  • 本体と紐づけた関連資産は廃棄時に連動して廃棄処理
  • 複数資産の一括廃棄
  • バーコードを活用した廃棄日設定の一括更新
  • 廃棄した資産と申請書の差異の把握
マニフェスト
  • マニフェストの期限管理(B票・D票・E票)
  • 廃棄証明書やデータ消去証明書などのPDF登録

マニフェスト期限一覧

ページトップへ

4.棚卸

豊富な棚卸機能から最適な方法を選べます

バーコードを使った棚卸ソフトは多々ありますが、Assetment Neoは一連の業務に対応した機能を実装しているという点において、他社のソフトとは大きく異なります。
棚卸の際に各部門の進捗状況が把握できたり、不明資産報告書などのレポートが充実していたり、バーコード棚卸だけでなく紙でのリスト棚卸、スマホでの棚卸、さらにフロア図からの棚卸ができたりなど、便利な機能を豊富にご用意しています。
Assetment Neoは単に棚卸作業を軽減するだけでなく、物が紛失しない会社になるための棚卸を実現するソフトです。

事前準備
  • 担当者ごとに棚卸グループ作成(作成自動化も対応)
  • 紙での棚卸時はリスト棚卸表印刷
棚卸
  • バーコード棚卸のデータ取り込み
    (場所や利用部門などの情報も同時取り込み)
  • リスト棚卸入力
  • スマホ・タブレットによる棚卸
  • 棚卸差異の一覧表示および印刷
  • 棚卸グループ別に棚卸の進捗状況を表示
棚卸結果
  • 不明資産報告書
  • 棚卸グループ別集計表(部門別の棚卸結果)

不明資産報告書

棚卸グループ別集計表

棚卸差異一覧

棚卸進捗一覧

  • ●バーコードでの棚卸

    バーコードでの棚卸
  • ●紙での棚卸

  • ●スマホ・タブレットでの棚卸

    スマホ・タブレットでの棚卸
  • ●フロア図からの棚卸

ページトップへ

5.利用者報告

誰が何を使っているかを把握

PCやスマホなど、個人への支給物に対し、自分がどの資産を利用しているかを各自報告させる機能です。
棚卸の前に報告をさせることで、利用者の変更や部門間の移動があった資産も正確に把握でき、棚卸作業を軽減させることができます。
派遣社員が多く、現場での人の出入りが多い会社においては、利用者を把握しきれず物の所在が分からなくなるといった問題を解決できます。

利用資産報告
  • 各社員が利用資産にチェックを入れてWEB画面から報告
報告チェック
  • 利用報告を行っていない人を一覧表示
  • 利用者が設定されていない資産を一覧表示

利用資産報告

ページトップへ

6.ラベル印刷

自由なレイアウトでラベルを印刷!採番管理や履歴情報の管理も

ブラザー工業のラベルプリンターと連携し、摩耗に強いラミネート加工されたラベルを印刷できます。
印字内容やレイアウトは自由に編集でき、ラベルの採番管理、発行状況の把握、再印刷にも対応。
バーコードラベルでの管理を検討中の方におすすめです。

印刷機能
  • ラベル印刷機能(資産マスタの内容を印刷)
  • ラベルレイアウトは自由に編集可能
  • ブラザー工業「PT-P900」シリーズ、キングジム「テプラ PRO SR5900P」に対応
履歴参照
  • 印刷履歴の参照、再印刷

ページトップへ

7.リース・レンタル

リース・レンタルの契約情報や期限・費用の管理に!

Assetment Neoでは、リース専用のソフトに負けない本格的なリース契約管理機能をご用意しています。
資産情報、契約情報の管理だけでなく、割賦単位などの細かな費用設定もできるので、リース会社からの請求金額の間違いを指摘できるようになります。
数万資産のリース契約を行っている企業でも安心してお使いいただける機能です。

基本機能
  • 契約データのインポート、CSV出力
  • 買取や再契約の管理
費用管理
  • 費用データの割賦単位選択(月次や日割りなど)
  • 途中解約における残費用の扱いの定義
    (残費用一括計上や翌月以降クリアなど)
  • 月別・部門別などでの今後の費用の参照
  • リース・レンタル会社からの請求データ取り込みおよび金額チェック
  • 再契約時はリース・レンタル会社毎に契約月数設定、費用の%での設定可
期限管理
  • 契約満了日の数ヶ月前などに再契約確認のメール通知
  • メール通知は2回まで、文章は任意に設定可
    (2回目を契約満了後の督促メールとすることも可)

リース請求データ差異一覧

リース・レンタル契約入力

ページトップへ

8.貸出管理

予約から出荷、返却期限の管理まで、資産貸出における様々な業務に対応

顧客への自社製品(デモ機・評価機)の貸出や、PCなどの社内資産の他部門への貸出など、様々な貸出業務に対応した機能です。
バーコードで管理することで出荷・返却作業が効率化できます。
カレンダー表示で状況の確認や予約登録も簡単、貸出票や預り証などの各種書類も発行可能、そして返却予定日の期限管理にも対応しています。

貸出予約
  • カレンダー表示の貸出状況の一覧から予約登録
  • 複数資産の一括貸出
  • 連続貸出不可設定(返却から次の貸出までの日数設定)
  • 未点検時の連続貸出回数の設定
  • 貸出申請の承認・回覧
  • 貸出票の印刷
出荷
  • 預り証(借用書)の印刷
  • バーコードを活用した貸出日の一括更新
返却
  • バーコードを活用した返却日の一括更新
期限管理
  • 返却予定日数日前にメール通知
  • メール通知は2回まで、文章は任意に設定可
  • 未返却資産の一覧表示

貸出予約一覧

お預り証

ページトップへ

9.構成管理

サーバーなどの構成情報を設定、納品時の検品にも対応

サーバーを一式購入した場合、発注データには内蔵物や付属品も含まれ、管理する単位がラベル貼付の単位とは異なってきます。
Assetment Neoの構成管理は、これらの管理単位を変更し、結びつけを行う機能です。
サーバー内蔵物であるメモリに対し、ラベル貼付や棚卸は対象外とし、廃棄時はサーバー本体と連動して処理をする、といったことができるようになります。

発注
  • 発注データのインポート
構成情報入力
  • 発注データに対しての構成情報入力(本体と内蔵物や付属品の紐づけ)
納品検品
  • 未納品一覧からの検品書出力
  • 検品情報の入力、資産データ自動作成

検品書

ページトップへ

10.保守契約

IT機器やソフトウェアの保守契約の管理に!

保守契約と資産を結びつけて管理する機能です。保守契約の更新時には期限通知メールを送信します。
保守費用を一覧表示することで、次年度の予算策定時の現状把握に役立ちます。
ソフトウェアのライセンスも資産と結びつけることができるので、どのライセンスがどの機器で利用されているかも把握できます。

基本機能
  • 1契約に対して複数資産を管理
  • 資産ごとに契約の更新履歴を保持
費用管理
  • 保守費用データを資産に按分
  • 年次や月次など割賦単位選択可
  • 月別・部門別に費用把握
期限管理
  • 契約満了日の数ヶ月前などに再契約確認のメール通知
  • メール通知は2回まで、文章は任意に設定可
インポート
  • 保守契約情報のインポート
  • 資産と結びつけるインポートも可

保守契約から見た対象資産

資産から見た保守契約状況

ページトップへ

11.修理・点検

修理情報や点検情報を履歴でデータベース管理

資産ごとに修理・点検履歴や費用、返却予定日などを管理する機能です。
資産の修理情報をDB化することで、故障が多い物なのか、部門の使い方に問題があるのか、といった傾向が把握できるようになります。

修理管理
  • 修理情報の履歴管理
    (過去に何度修理したかを資産ごとに把握)
  • 修理費用情報の管理
点検管理
  • 点検予定日の数日前などにメール通知
  • メール通知や点検予定日一覧から点検対象資産を把握
  • 点検完了日の入力後、次回点検予定日を自動設定
連携管理
  • 貸出不可の制御
    (貸出回数が上限に達したら点検が必要など)
  • 修理中や点検中の場合は貸出不可
  • 修理・点検における該当資産の保守契約情報を把握

修理入力(更新)

点検入力(更新)

ページトップへ

12.スマホ月額

スマホやモバイルルーターなどの回線費用分析

回線費用の管理において、費用全体の増減や電話番号ごとの費用を確認するだけでは「誰が」「どの部門が」といった分析がしづらく、問題を把握できない場合があります。
Assetment Neoでは資産ごとに利用部門や利用者を保持するため、「先月に比べて○○さんの通話料が大きく上がった」「○○部門の費用が他の部門に比べて高すぎる」などのチェックが可能になります。

費用登録
  • 月額費用を入力、あるいはCSVデータのインポート
費用分析
  • 利用金額が高い端末をワースト一覧で表示
  • 金額未変動の端末を一覧表示(使われていない端末の把握)
  • 前月比較や部門別一覧などで費用分析

ワースト一覧

ページトップへ

13.図面

フロア図やラック図の管理で資産の設置場所を把握!

オフィスのフロア図やデータセンター内のラック図など、図面をDB化して共有する機能です。
資産の配置場所を登録することで、多拠点企業の建物付帯設備の情報や、工場の機械設備などの属人化しやすい情報を、図面上で把握することができます。

図面作成
  • Microsoft Officeの「図形挿入」に似た図形描画
  • 自由に線描画ができるコネクタ
  • JPEGなどの画像取り込み(画像の上から描画可)
  • 図面に対象資産を配置(データは資産マスタと連携)
図面表示
  • 検索した資産の配置場所を図面上でピン表示

図面表示

ページトップへ

14.IT資産連携

IT資産管理ソフトの価値をさらに生み出す!みなし棚卸で作業軽減も可能

IT資産管理ソフトを導入しても、稼働していない不明資産を把握することはできません。
紛失報告もなく所在が分からない端末、IT資産管理ソフトがインストールされていない端末、そして私物化…。
購入した資産とIT資産管理ソフトの稼働状況に差異があれば、セキュリティ的にも問題です。
IT資産管理ソフトとAssetment Neoを連携することで、この差異を明確にし、問題を把握することが可能になります。

連携機能
  • IT資産管理ソフトから出力したCSVデータの取り込み(管理項目は10項目まで)
  • Assetment Neoのデータと突合した結果の差異を一覧表示、検索
  • IT資産管理ソフトの直近(期間設定可)のインベントリ情報を参照、「みなし棚卸」として棚卸時に除外
○対応製品
ハンモック AssetView
エムオーテックス LanScope Cat
Sky SKYSEA Client View
クオリティソフト QND Advance/Standard
ディー・オー・エス System Support best1
インターコム MaLion

ページトップへ

15.ワークフロー

購入・移動・廃棄・貸出などの申請に!新たな稟議も作成可能

資産利用における様々な稟議申請に使える機能です。
例えば機器設置の稟議申請をしたい場合、利用者が資産を使うロケーションを設定し
申請します。承認者が申請を承認すると、資産マスタのロケーションが変更される
しくみです。
申請項目であるロケーションを、承認なしでは変更できない項目とするなどの権限
設定も可能です。

稟議の種類
  • 購入申請、移動申請、利用者変更、廃棄申請、貸出申請
  • その他任意の稟議作成
回覧ルート
  • 稟議設定時にルートを定義
  • 承認者・回覧者の設定
  • 承認者・回覧者は最大10名まで設定可
状況確認
  • 申請者:申請した依頼の状況確認
  • 承認者:申請された内容のメール通知
        稟議状況一覧から未承認データを一括承認可

稟議状況一覧

廃棄申請入力

ページトップへ